栄養満点なのに簡単に作れる正義の味方【お鍋】

私はお鍋が大好きです。色々な味も、簡単に作れるし、かつ、栄養に偏りが出来にくいからです。
お肉も、豚、鶏、牛となんでも美味しく食べられるます。
何より、野菜がたっぷり食べられます。
毎日、両手いっぱいの野菜を三食食べることが推奨されているようですが、なかなか大変です。
昨年、結婚したばかりで、それまで料理をほとんどせずにきた私には、お鍋の存在はとても助かっています。
冬になってからは、週に1回のペースでつくっています。
しかも、嬉しいのは、主人も喜んで食べてくれることと、何日続いても、ずっと美味しく食べられることです。
3日目には、冷えたご飯を入れてお粥にして、スープも残さず食べています。とても出汁が効いていて、そして、胃にも優しいなんて、本当にすごいなと思っています。
実は、去年、妊娠が判明し、悪阻がひどく、体重が6キロほど落ちてしまいました。味の濃いものは、食べられず、ひどくやつれてしまいました。
産婦人科の先生に、「唯一、鍋ならなんとか食べられそうです」と言うと、「それはとても良いね」と言ってくれ、ひたすら鍋を食べて悪阻を乗り切りました。
体重も、なだらかに上昇していき、赤ちゃんもすくすくと育ちました。
先生にも、「体重も栄養もしっかり管理していますね」と褒められました。
これからも、鍋を味方につけて、楽しいマタニティライフを送りたいと思います。http://www.perditabook.co/