戦争孤児に対して酷い扱いをしていたという親戚が憎い

太平洋戦争による戦争孤児は12万なんにも及んだそうです。
戦争孤児達は悲惨な生活を強いられていた子達が多かったようで、どのような人生を歩んで来たか口を閉ざしている人も多くその情報は不足しているそうです。
路上生活は当たり前で、食べて行くこともままならず盗みをしたりして食べるしかなかったとも言います。
その話を聞いて映画の「ほたるの墓」を思い出しました。
この映画でも畑から盗んでいるシーンがありましたよね。
親戚に引き取られたものの、優しくして貰うことがなく酷い扱いをされたと言う人の体験談を聞きました。
どうして親を亡くしている気の毒な親戚の子供に酷いことが出来るのかが 理解出来ません。
自分達だけでも生活していくのに苦労した時代だと思いますが、何も子供をいじめることはありません。
その後その子は施設に引き取られて良い先生に出会ったことで救われたそうですが、親戚にされた酷い扱いは今でも忘れられないそうです。
戦争も悲惨ですが親戚がしたことの方が彼の中で辛い思い出になってしまっているのかも知れません。湘南美容外科 脱毛 予約 変更